スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
北陸一人旅2013冬~その2~
北陸一人旅


二日目の朝でございます


おはようございます?


なーせりーです


十番館さんの朝食です



IMG_0688.jpg


こちらもわがままを言って


特別メニューを出してもらいました


IMG_0689.jpg


去年食べて美味しかった


車麩の巣篭もりです


まぁその他も見てもらえればわかりましょう


イカの一夜干から出汁巻卵にまぐろの山掛けなど


ご飯のお供しかありません


3杯くってやりました (`・ω・´)


居候は三杯目にはそっとだすようですが


観光客はぐっとだすのです (`・ω・´)


朝風呂もいただき


十番館さんをあとにします


ちょうどチェックアウトラッシュだったのか


フロントがバタバタしておりました


もう少し時間ずらせばよかったかしら? (´・ω・`)


さて


2日目は加賀温泉郷を目指します


その道中


能登有料自動車道を通るのですが


4月には無料化されるみたいですね


来年は楽に通れそうです


途中PAでトイレに立ち寄ったら


IMG_1099.jpg


干物マシンで干物作ってました


グルグル回って乾燥させているのですが


途中で飛んでいったりしまわないものかと


要らぬ心配をしたりしました


順調に金沢に入りました


悪天候と思われた2日目は


雪はおろか雨も降らず


日差しがきついわけでもない


ドライブにはもってこいの気候だったのです


ただ風は冷たいんですけどね


金沢に入り


近江町市場を目指します


IMG_1102.jpg


近江町市場とは


金沢の台所と呼ばれ、主に魚やカニなどの生鮮を取り扱う市場です


学生時代に2度ほど来たことがあるのですが


久々にいってみようと


そう思い立ったのです


この時期はカニや甘海老など


赤い色が目立ちます


威勢のいい呼び込みと


無駄に値下げしてくれる市場のおっちゃん


自分も自宅用にカニと甘海老などを買いました


カニを買ったお店のおっちゃんに


ここで海鮮丼を食べるならどこがいい?


と聞いていってみたオススメのお店


大行列で入る気がなくなりました


お昼ちょい前っていう時間帯も悪かったんでしょうかね


仕方ないので近辺を捜索していますと


近江町市場の向かい側に名鉄エムザがありまして


その中に


IMG_1105.jpg


金沢カレーのお店がありました


いわゆるB級グルメというやつですね


カレーのチェーン店といえば


愛知が誇るCOCO壱番屋のほかには


チャンピオンカレー、ゴーゴーカレーなどの金沢カレー軍団が多いですね


そこでいただいたのがこちら


IMG_1103.jpg


ハントンカレー


金沢のB級グルメにハントンライスというのがあるのですが


それのカレー版といったところでしょうか


ハントンライスは2009年の秋に食べに行きましたねぇ


「グリルオーツカ」さんのそれです


090913和倉奥飛騨旅行03


当時との画像の差が如実に表れてますわ


要はあれです


オムライスカレーの上に


エビフライと魚フライと牡蠣フライが乗ってる


そんな感じです


おまけにランチ時間帯はお味噌汁がセルフサービスで付いてきました


まぁ


味はあれでしたので一杯しかいただきませんでしたけどね


カレーは美味しかったですよ


カレー皿に千切りのキャベツをのせるのが金沢カレーの真髄らしいですね


スプーンは先割れですし


個性的です


お昼を食べ


近江町市場から加賀温泉郷へ移動します


1時間ほど走りますと


目的地


加賀温泉郷は山中温泉


IMG_1107.jpg


「吉祥やまなか」さんです


久々に泊まる


純和風な旅館です


IMG_1109.jpg


普通はフロントでチェックインをするのですが


こちらはロビーで椅子に座った状態でします


ウェルカム梅昆布茶です


IMG_1111.jpg


純和風の廊下


そして自分の部屋は・・・


IMG_0691.jpg



まぁ


ビジネスホテルのような感じです


お一人様専用部屋ですからね


ちなみに吉祥やまなかさんは


お一人様でも和室にいけるプランも存在します


ただし+10000円


この金額をどう捕らえるかで


和室か洋室か


自分はその一線は越えられませんでした


部屋に荷物を置き


山中温泉の総湯にいきます


IMG_1116.jpg


これが総湯の菊の湯さん(男湯)


総湯は和倉温泉、道後温泉など入ってきましたが


石鹸やシャンプーなどがありません


持参必須です


公衆浴場ですからね


スーパー銭湯の温泉バージョンですよ


歴史は100年単位だったりしますけどね


爺様たちに囲まれながら


歴史あるお湯につかります


ただね


3つ目なんですが


まだ3つしか入ったことないのであれなんですが


総湯のお湯は温度が高い


あっついんですよ


爺様たちは平気な顔して入ってるのですが


あっついんですって (´;ω;`)


名古屋弁でいえば「ちんちこちん」です


そのおかげか


湯冷めはしにくいんじゃないでしょうかね


車にタオルなんかを置いて


山中温泉の温泉街をふらつきます


こちらの山中温泉は鶴仙峡という景勝地沿いに作られており


IMG_1117.jpg


こおろぎ橋のような名物もあります


そのまま渓谷沿いに散策路もできております


IMG_0692.jpg


雪が残る渓谷沿いの遊歩道


すべります


舗装もされていたりされていなかったり


危ないです


IMG_0693.jpg


しばらく歩きますと


こおろぎ橋と双璧をなす


あやとり橋が見えてきます


IMG_0694.jpg


IMG_0696_20130221121636.jpg


IMG_0697.jpg


石を積んで補強?


IMG_0699.jpg


うねうね曲がりくねった橋です


IMG_0703.jpg


渡りきって


渓谷沿いの遊歩道から脱出です


だいぶ疲れました


舗装されてない道って結構大変なんだなぁと


改めて思いましたよ


お宿に戻り


大浴場に行きました


ご飯時ということもあってか


大浴場が貸切状態


露天風呂から眺める渓谷は


また格別ですなぁ ( ´艸`)


そして


返す刀で貸切露天風呂


IMG_0704.jpg


お宿に宿泊すると1度だけ無料で入れるみたいです


脱衣所と洗い場と湯船と


3つに分かれています


寒さを気にせず体が洗えるという


心遣いですね


ありがたいです


湯船もゆったりとして


塩梅良かったです





朝に十番館さんで朝風呂


山中温泉来てから菊の湯さんで入り


先ほど大浴場に入り


いまここで貸切風呂


さすがに飽きましたわ (´・ω・`)


そんなことを考えながら


夕飯の時間を迎えます
【2013/02/21 12:26 】 | 旅日記 | コメント(0) | page top↑
<<北陸一人旅2013冬~その3~ | ホーム | 北陸一人旅2013冬~その1~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。