スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
北陸一人旅2013冬~その3~
北陸の旅も第3部


2日目の夜となりました


こんばんは


なーせりーです


今回の二日目のお宿


吉祥やまなかさんは


蟹が目当てで選んだお宿なのです



IMG_0720.jpg


こちらがお食事どころ


係の人に席に通されると


IMG_0705.jpg


前菜が置いてあります


お品書きはこちら


IMG_0706.jpg


先 付  蟹料理三種盛り合わせ
造 り  北前船盛り
強 肴  姿ズワイ蟹 香箱蟹
凌 ぎ  蟹爪茶碗蒸し
焼 物  ズワイ蟹足と甲羅焼
煮 物  紅ズワイ蟹の治部煮
揚 物  ズワイ蟹足の天婦羅など 北前船の台所より
酢 物  能登もずく酢
食 事  香箱蟹釜飯 紅ズワイ蟹汁 香の物
デザート 季節の果物 加賀棒茶のアイスクリーム


IMG_0708.jpg


お造りと茶碗蒸し


IMG_0709.jpg


蟹です


ズワイ蟹がオスで香箱蟹がメスになります


香箱蟹の卵は珍味として珍重されているようですが


以前十番館さんでいただいたところ


珍味は珍味だと


そういう結論にたどり着きました


未成熟卵の内子は美味しいのですが


外子が微妙なんですよねぇ


いろんなサイト見ても外子に関しては


プチプチした食感が美味とは書いてありますが


味に関して記述した人はあまりみかけません


食感は確かにプチプチと楽しいです


しかし内子に比べると薄味なのでしょうかね?


ちなみに写真の香箱蟹の右にある赤い物体が外子です


内子は左側の蟹肉の下に潜んでおります


IMG_0710.jpg


相変わらず正面から見ると怖い顔してます


それでも見ずに入られない


それが蟹の不思議なところですね ( ´艸`)


続きまして


IMG_0711.jpg



IMG_0712.jpg


焼き蟹です


最初に甲羅を焼きます


味噌とお酒をといたものが入ってます


グツグツしてきたら別皿にとり


足と肩肉を焼きます


茹でと違って


甲羅に張り付く確率が高いのか


食べ辛いです (´;ω;`)


でもうまいす ( ´艸`)


IMG_0713.jpg


治部煮です


加賀の郷土料理の治部煮に蟹を絡ませたものです


本来は鴨肉とかでやるみたいですね


IMG_0714.jpg


天婦羅


揚げたてです


この天婦羅が出てきた時点で


オープンキッチンのバイキングに殴りこめるわけです


天婦羅の横にちらりと見えるのは


オープンキッチンから奪取してきた粕汁です


IMG_0715.jpg


もずく酢


雑魚キャラです


一撃で飲み干してやります


IMG_0716.jpg


オープンキッチンに入り浸っている間に


釜飯が到着


固形燃料でその場で炊き上げるかと思いきや


すでに炊いたものが出てきました


すぐ食べられるので助かります


IMG_0717.jpg


そしてデザート


イチゴと柿のコンポートとアイスです


柿の上に乗ってるのは加賀野菜のゼリーみたいなものらしいです


食後のコーヒーは出ないのかと思いましたが


ロビーでコーヒー飲み放題なので


一息ついたら撤収させていただきました


ここで時計を見たら21時半


開始が19時半だったので


実に2時間


食事に費やしました


ここまで時間がかかっていたとは全く気付きませんでした


部屋に戻ってダラダラしていると


いつの間にやら眠りについてしまっていたようです


おやすみなさい
【2013/02/21 13:25 】 | 旅日記 | コメント(0) | page top↑
<<北陸一人旅2013冬~その4~ | ホーム | 北陸一人旅2013冬~その2~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。